Home > 2.九州戯曲賞

2016.08.23

久留米シティプラザ『めくるめくエンゲキ祭』(9/15~10/2)で、九州戯曲賞受賞作品のリーディング上演、戯曲講座などの九州戯曲賞関連企画が開催されます。

9/15-10/2に久留米シティプラザで行われる『めくるめくエンゲキ祭』で九州戯曲賞関連企画が開催されます。
第四回受賞作『家出』(作・谷岡紗智)、第七回受賞作『チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら』(作・河野ミチユキ)のリーディング上演のほか、第三回受賞作家島田佳代氏による高校生のための戯曲講座、同氏の新作『チャチャトゥールの穴』の上演、第七回戯曲賞最終候補作品『草、のびて、家。』(作・守田慎之介)の上演があります。

めくるめくエンゲキ祭 1st
■開催日時
2016年9月15日(木) ~ 2016年10月2日(日)
● 全公演全席自由
● 開場は開演の30分前

■主なプログラム
● 劇団ヒロシ軍(長崎県諫早市)『ヘドロイア』

● 演劇集団非常口(鹿児島県伊佐市)『チャチャトゥールの穴』
● Theちゃぶ台(熊本県大津市)『やまとなでしこ~久留米編』
● 演劇関係いすと校舎(福岡県行橋市)『草、のびて、家。』
● くるめ市民劇団 ほとめき倶楽部『ほとめき版「銀河鉄道の夜」』
● 久留米市立南筑高等学校演劇部『Life = Good&Bad Times』
● 浮羽工業高等学校演劇部+OB『拝啓18のあなたへ』
● 九州戯曲賞受賞作家による 高校生のための戯曲講座
● 九州戯曲賞受賞作品 リーディング公演
谷岡紗智作『家出』
河野ミチユキ作『チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら』■開催場所
久留米シティプラザ
● 久留米シティプラザ : 久留米座 / Cボックス(久留米市六ツ門町8-1)
● ほとめきサロン(久留米市六ツ門町11-11 アンピール六ツ門1F)
● みんくる(久留米市六ツ門町3-11 くるめりあ六ツ門 6F)

オープニングセレモニー
9月15日(木)18:00 久留米座(3F) 入場無料

めくるめくエンゲキ祭 1st 公式サイト

2016.08.20

九州戯曲賞 大賞受賞作品「喜劇ドラキュラ」(脚本・ 木下智之)が上演されます。

平成26年に九州戯曲賞 大賞を受賞した作品「喜劇ドラキュラ」(脚本・ 木下智之)が、
福岡県の大学演劇部が大学の垣根を越えて演劇作品をつくる企画、福岡県大学合同公演2016にて上演されます。

福岡県大学合同公演 2016
『喜劇ドラキュラ』
原作 木下智之
演出・脚色 合同公演演出チーム

【日時】
9月9日(金)18:00
9月10日(土)18:00
9月11日(日)13:00
9月11日(日)18:00
(開場は開演の30分前)
【会場】
ゆめアール大橋
(福岡県福岡市南区大橋1丁目3-25)

詳細
福岡県大学合同公演blog
http://fukuokagodo.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
Twitter
https://twitter.com/godo_fukuoka
福岡合同公演チラシ表 福岡合同公演チラシ裏

2016.04.02

九州戯曲賞の次回実施について(お知らせ)

九州地域演劇協議会では、九州の地域演劇シーン活性化のため九州戯曲賞を平成21年に創設し、これまで7年連続で、戯曲賞を実施してまいりました。

これからの九州の地域演劇シーンの状況を見据え、本戯曲賞は隔年開催することとなりました。つきましては本年は本戯曲賞の募集を行わず、来年の実施を予定しております。

応募を検討いただいておりました皆様には、この場を借りてお詫び申し上げます。

国内には、九州戯曲賞以外にもいろいろな戯曲賞があります。これらの戯曲賞への応募をご検討いただけますと幸いです。

北海道戯曲賞 北海道舞台塾 http://hokkaido-butaijyuku.jp/
せんだい短編戯曲賞 せんだい演劇工房10-BOX http://gekito.jp/
劇作家協会新人戯曲賞 日本劇作家協会 http://www.jpwa.org/
テアトロ新人戯曲賞 株式会社カモミール社 http://www2.odn.ne.jp/teatro-chamomile/
「日本の劇」戯曲賞 日本劇団協議会 http://www.gekidankyo.or.jp/
AAF戯曲賞 愛知芸術文化センター http://www.aac.pref.aichi.jp/

2015.08.13

九州戯曲賞審査選評について(平成27年)

下記の通り、九州戯曲賞審査員選評を公開します。

九州戯曲賞審査員選評 PDF

2015.08.05

九州戯曲賞審査過程について(平成27年)

下記の通り、九州戯曲賞審査過程を公開します。

九州戯曲賞審査過程 PDF

2015.07.13

九州戯曲賞最終審査結果について(H27.7.12)

7月12日に福岡アジア美術館 会議室にて、九州戯曲賞最終審査をおこない、
以下の通りの審査結果となりました。

■最終候補作品(5作品)
守田 慎之介(福岡県行橋市)『草、のびて、家。』
村山 優一郎(熊本県八代市)『あまえんぼう山頭火』
日下 渚(大分県大分市)『あなた、咲いた』
山下 晶(福岡県福岡市)『晴レタラ、見エル。』
河野 ミチユキ(熊本県熊本市)『チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら』

■最終審査員
岩松了 中島かずき 横内謙介 岩崎正裕 前田司郎

■審査結果
大賞 河野 ミチユキ(熊本県熊本市)『チッタチッタの抜け殻を満たして、と僕ら』

最終審査員選評、最終審査審議過程については後日、当サイトにて公開予定です。

kyushugikyokushou10

2015.05.08

九州戯曲賞、平成26年に書き下ろした作品を募集中です。(5/20締切)

九州戯曲賞では、平成26年に書き下ろした作品を募集しています。

九州戯曲賞、募集要項を公開いたします(平成27年)

九州戯曲賞 応募に際してのQ&A

2015.04.01

九州戯曲賞、募集要項を公開いたします(平成27年)

九州地域演劇協議会では、
九州の地域演劇の活性化のため九州戯曲賞を平成21年に創設しました。
つきましては、本戯曲賞への作品を募集します。

詳細は、下記募集要綱をご覧下さい。

九州の劇作家からの応募をお待ちしております。

九州戯曲賞 募集概要

・対象作家
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県に在住、またはこの7県を主たる活動の場とする劇作家。

・対象作品
平成26年の1月から12月までに書き下ろした作品。

・大賞賞金
30万円(佳作、奨励賞等の賞を設置することがあります。)

・応募締切
平成27年5月20日(水)(当日消印有効)

・最終審査員
岩松了 中島かずき 横内謙介 岩崎正裕 前田司郎

主催:九州地域演劇協議会 NPO法人FPAP
共催:公益財団法人福岡市文化芸術振興財団
協力:公益財団法人久留米文化振興会|公益財団法人大野城まどかぴあ|公益財団法人佐賀市文化振興財団|長崎市|アルカスSASEBO|一般財団法人大村市文化・スポーツ振興財団|公益財団法人熊本県立劇場|公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団|公益財団法人宮崎県立芸術劇場|公益財団法人都城市文化振興財団|公益財団法人鹿児島県文化振興財団|一般社団法人日本劇作家協会
協賛:株式会社ふくや
公益社団法人企業メセナ協議会 認定

募集要項|pdf
応募票 |pdfword

九州戯曲賞 応募に際してのQ&A(2015/4/22更新)

27flyer

2015.03.20

九州戯曲賞大賞受賞者 木下智之氏によるエッセイが機関誌『wa』vol.65に掲載されています。

福岡市文化芸術振興財団が発行する機関誌『wa』vol.65 Springに、九州戯曲賞大賞受賞者 木下智之氏によるエッセイがに掲載されています。

http://www.ffac.or.jp/wa_organ/

機関誌『wa』vol.65 Spring

セリフからはじめる演劇の話
「私の得意技、歌う捜査法です。のべつまくなし歌います。」
木下智之(現役 九州大学 演劇部所属)

 

 

2015.01.11

「義務ナジウム」(作・河野ミチユキ)が熊本、東京で上演されます。

2011年に九州戯曲賞で佳作を受賞した「義務ナジウム」(作・河野ミチユキ)が、日本劇団協議会のステップアップ・プロジェクトにて、熊本、東京の2地域で上演されます。

文化庁委託事業 平成26年度戦略的芸術文化創造推進事業
ステップアップ・プロジェクト
「義務ナジウム」
作・河野ミチユキ
演出・古城十忍

■熊本公演
日時:2015年1月17日(土)14時/19時、18日(日)14時
会場:熊本市男女共同参画センターはあもにい 多目的ホール
(熊本市中央区黒髪3丁目3番10号)
料金:前売り2,000円 当日2,500円、高校生以下1,000円

■東京公演
日時:2015年1月23日(金)19時、24日(土)14時/19時、25日(日)14時
会場:劇場MOMO(東京都中野区中野3-22-8)
前売り3,000円 当日3,500円、高校生以下2,000円

http://www.gekidankyo.or.jp/performance/2014/2014_09.html

Next »